HALL OF GLASS 歌詞

All Music and Words Written by Kazurou

Except Winter Light Music by F.Matsumoto

Vain

遠くから聴こえてくる かすれそうな嘆息
凍るような空気を むきだしの皮膚で感じて
 
絞めつけられる痛みを感じることもできなくて
 
淡い空気の中で 虹色の空をいつも夢みて
 
遠くに見えてくる 消えそうな残像
刺さるような冷気を むきだしの皮膚で感じて
 
突き刺されるような痛みを感じることもできなくて
 
淡い空気の中で虹色の空をいつも夢みて

Summer Orbit

夏の軌道の中の渇いた夢
いつも一人きりで探していた
 
繰り返す光の跡をたどれば見つかると信じて追いかけてた
 
暑い日差しを避けて夜になるのを待った
照り返す熱気がやわらぎはしないのに
 
夜になればいつもオゾンの風に邪魔されて
 
見つかったものはびしょ濡れの羽
とても私は飛ぶことはできない
 
夏の軌道の中の渇いた夢
いつも一人きりで探していた

Assimilation

真暗な夜に抱かれて動くことさえできない
しだいに私は夜と交わる
 
すべてが夜ですべてが私
 
いつもこのまま目醒めるまでは
二度と朝など来ないと思っていた
 
冷たい夜に抱かれて離れることさえできない
しだいに私は凍りついていく

すべてが夜ですべてが私
 
いつもこのまま静かに眠り
目醒める時など来ないと思っていた 

Illumination

ひび割れた夜の隙間から明日をつかみだすように
眠っている太陽をつかみだすことができるなら
 
きらめくIllumination 偽りの光の中
輝くIllumination 消え失せた陽の光
 
凍てついた月の光を手のひらで溶かしてみる
もう一度輝くことをずっといつも望んでいた
 
きらめくIllumination 偽りの光の中
輝くIllumination 消え失せた陽の光
 
太陽を引裂き海に沈めてみてもいつも
時を駆ける猫のようにしなやかにしのびゆく夜 

Pollution

体に汗がまとわりつき私は目を醒ます
腐ったような空気を吸い込み息づまる
 
怖いほど深い緑色のジャングルを思い浮かべる
 
手さぐりで探すことは無意味なこと
昼間に見ていないとわからないだろう
 
気怠い時間の中で私は起き上がる
溶けだすような空気を吸い込み咳き込む
 
怖いほど深く続いているジャングルを思い浮かべる
 
手さぐりで探すことは無意味なこと
新しいことが続けば途方に暮れるだけ 

Winter Light
Music:Fumikazu.Matsumoto / Words:Kazurou

繰り返す長い夜に目を向けることもなく
寒すぎる冬の日に暖かい光を待つ

ほんの少しの光でいい 冷たい手を暖めたい
 
Winter Light Faraway
Waiting So Long I'm Here

灰色の風景が続いているどこまでも
見なれていたはずなのに暖かい光を待つ
 
ほんの少しの光でいい 冷たい夜を照らしたい
 
Winter Light Faraway
Waiting So Long I'm Here

いつまでも待っていた暖かい陽の光を
もう少しここにいればたぶんすぐ光はさす

Monochrome Boy

不思議な夜に探していた

白と黒との空の中に

とても微かに光っている

ほんの小さな希望の光

 

※Monochrome Light

 Monochrome Sight

 Monochrome Night

 And I'm Monochrome Boy

 

不思議な夜に求めていた

銀色した月みたいに

とても微かな星のような

ほんの小さな希望の光

 

※Repeat

 

ネオンの光よりも素敵な未来が

明るくきらめく僕等の世界

 

不思議な夜の囁き声は

静かで暗い空の中の

とても冷たい空気みたいな

ほんの小さな希望の光

 

※Repeat

 

ネオンの光よりも素敵な未来が

明るくきらめく僕等の世界

Silent Dream

音のない夢の中で浅き吐息は眠る
夜がくり返し明けても息は続きはしない (1)
 
星に霜が降るとき月は銀の嘆息を漏らす
色褪せた心に君の姿が映る
 
このまま霧になって流れのままにこの身をまかせ
遥かにきらめく光の中に消えることができるなら
 
色のない夢の中で夜の鏡に中に
帰り遅れた光の影がきらめく
 
月が時を止めるなら間に合うかもしれない
ひび割れた心に君の声が届く
 
このまま霧になって流れのままにこの身をまかせ
遥かにきらめく光の中に消えることができるなら

 

(1)オマル・ハイヤームからの引用

Blood Music

内側の世界の中で動き出す微かな希望
繰り返す無駄の中でわずかに広がっていく
 
平坦な地面を見つめているうち
内側から響く確かなリズム
 
※Blood Of My Music
少しずつ
Blood Of My Music
動き出す
Blood Of My Music
世界の外へ

平坦な世界の中が崩れていく端のほうから
反射する光の先が外側へ飛び出していく

光の跡を見つめているうち
内側から響く確かなリズム

※Repeat

Alan

深い青に染まった水が

遠くどこまでも流れていく
時々振り向き何かをたしかめ
 
いつのまにか流れの中に

入っていっしょに流されていた
心地よい流れにすべてをまかせて
 
青く染まる自分がとても

怖いような気がして
どこまでも続く流れがとても

怖いような気がして
 
流れの中に浮かぶ・・・

Blue Water

水の中で揺れているとてもかすかな輝きが
 
青い光に囚われて動くことさえできない私
 
何もかもが砕け散る
私の心に住みついていたものさえ
 
水の中に沈んでいるほんの小さなきらめきが
 
銀の雨に突き刺され灰色に色褪せていく
 
何もかもが過ぎ去っていく
私の心は虚ろになる

Moonlight Echo

暖かい空気を感じて長かった闇を振り返る
高まっていく気分をどうすることもできなくて
 
ただじっとしていられずに駆け出しそうになる
ただとどまっていられずにふらふら歩きたくなる
 
繰り返すMoonlight Echo 
閉ざされた時間の中で
繰り返すMoonlight Echo 
閉ざされた空間の中で
 
新しい空気を感じて闇の中から両手を伸ばす
まぶしい光をうけておもわずよろけそうになる
 
冷たい時間に別れを告げきらめく世界へ
凍てついた空気を振り払い輝く世界へ
 
繰り返すMoonlight Echo 
閉ざされた時間の中で
繰り返すMoonlight Echo 
閉ざされた空間の中で

Clear Night

明るい光に包まれた世界の中に行きたくて
今夜も少し近づいてみる
 
創りものだと言われているけど

私にはそうだと思えない
今夜も少し近づいてみる
 
光の中に歩き出していた
暖かい光のその中で

緩やかに大気と溶け込んでいく

もうこれ以上望みはしない
 
光の中で私の体は少しずつはっきりと思い出す
遠い昔の小さな記憶を
 
光の中で私の体は少しずつ元気をとりもどす
遠い昔に歩いた所で
 
夜が明ければ消え去っていく
夢のような光の中で残りの時間を過ごしていたい
 
光とともに消えていきたい・・・

沈んだ時間

沈みかけた時間の中で

私の体は動かない

 

赤や黄色に色付けられた

彩やかな時が崩れかけてる

 

このまま、私は・・・

 

 

閉ざされている世界の中で

私の言葉は届かない

 

きれいな音が散りばめられた

彩やかな場所が消えかけている

 

このまま、私は

凍りついてく

沈んだ時間の中で 

内側の世界

Words:Pochiko and Kazurou

私の心の中の暗闇が

次第に広がり何も見えない

 

私は一人で立ちつくすだけ

 

ほんの少しの光さえ届くことのない世界

どこにいてもまるで同じ暗闇だけが続いている

冷たい氷のようなかじかんだ手は動かない

待ち続けた光の欠片すら今は見えない

 

誰か私に話しかけて

とても孤独に耐えられないから

今の私は立ち尽くすだけ

 

 

私の目の前に立ち塞がる

壁がどこまでも続いている

 

私は一人で何もできない

 

ほんの少しの希望さえ抱くことのない世界

狭い場所に閉じ込められ動くことすら出来ない

疲れ切って鉛のような体はもう動かない

待ち続けた私の望みは今は叶わない

 

誰か私に話しかけて

とても孤独に耐えられないから

今の私は立ち尽くすだけ

歪み

Words:Pochiko and Kazurou

光の届かない世界に

私は立ち止り辺りを見回し

見えないこの目で何を探しているの

 

濁った空気は今日も歪んでしまい

息が出来ない

濁った空気の中にいるのは

とてもつらくて

 

闇の中で私は目覚め

闇の中で

闇の中で一人彷徨う

闇の中で

闇の中で私は眠る

闇の中で

 

闇の中で

私の心に広がる闇がある

果てなく続いている冷たい壁の中

朽ちかけた月が私を照らす

今にも消えそうな光で

私の内側には一体何がある

確かめたくって私は歩き出す

明るい世界を夢見て

微かな光をたよりに

さあ、壁の裏側まで探しに出かけよう

孤独に震える私の心を

私は一人で内側に踏み出す

少しも怖くない光があるから

真上を見上げればそこには

妖しく輝く星たち

さあ、壁の裏側まで探しに出かけよう

あきらめかけてた私の心を

Daylight Reflection

かすかに聴こえる光の吐息

はじける時のわずかなきらめき

空気が段々透き通る

次第に広がる彩やかな時間

Daylight Reflection

光の中で

Daylight Reflection

​私は目醒め

Daylight Reflection

遠くを見つめ

Daylight Reflection

​光の中で

わずかに見える理想の世界

あきらめかけてた暖かい場所

不安がだんだん薄れていく

次第に広がる穏やかな時間

Daylight Reflection

光の中で

Daylight Reflection

​私は目醒め

Daylight Reflection

遠くを見つめ

Daylight Reflection

​光の中で

光に包まれ私は見つける

​遠い日に夢見ていた新しい世界を

Copyright 2011 SLAN MUSIC

Changes

Music:Fumikazu.Matsumoto / Words:Kazurou

窓の外の人通りを

僕はじっと見ている

途切れることもなく

人は流れ続ける

灰色の空が赤く変われば

それが僕たちの合図になる

窓の外に飛び出して

人の流れを止める

途切れた地面の下に

あるもを見つめる

(それは)

木の枝で休む銀色の光

窓の外に続いている

子供たちの姿が

今日はなぜかいつもと

何かが違って見える

いつの間にか赤く染まる

記憶の果て

夢と今の隙間で

揺らぐ私の気持ち

確かなものなどない

知っていたはずなのに

落ちていく 水の中

冷たくなっていく

私の心の中

闇の中に閉ざされる

弱い私の心

今を見つめることは

あまりにも悲しくて

落ちていく 夜の中

たどり着いた記憶の果てには

何もない

Hopeless

冷たくひえきった私の頭の中
動けるはずもなく固まり続ける

誰かそばにきて私を助けて
私の手をとって

今の空間はあまりにも狭くて

暗い世界をどこまでも落ちてく
元には戻れない

暗く冷たい世界の中で私は立ち尽くす

I'm Darkness
I'm Lonliness
I'm Hopeless

 

疲れて動かないわたしの体の中
歩けるはずもなく立ち止まるだけ

誰かそばに来て私を見つけて
私に気付いて

今いる世界はあまりにも暗くて

闇夜の中どこまでも歩いていく
光など見えない

寂しく辛い世界の中で私は噛みしめる

I'm Darkness
I'm Lonliness
I'm Hopeless

  • Facebook Classic

Facebook

  • c-youtube

YouTube

  • rebervnation1.jpg
ReverbNation
  • Twitter Classic
twitter
  • amazon1.jpg
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now